整理や片付けが苦手でも考え方ひとつで引越しが楽になる


引越しが大変な理由は…

掃除が苦手だという人にとっては引越しなんてとんでもない話でしょう。家の中の掃除をするどころか家中のものを跡形もなく新居に運び出すわけですから、これほど大変なことはありません。冷蔵庫などの重量物を運び出すのは至難の技ですし、本やCDなどを梱包したダンボールも相当重いです。とにかく重労働といったイメージの引越しですが、細々とした物の整理ができず、収拾がつかなくなることもよくあることです。全ての所有物を持ち運ばなければならない引越しは大変です。

大変でもやらなきゃいけない

転勤や進学で引越さなければならないこともよくありますが、こうなると大変でも何でもやらなきゃいけません。下準備や段取りだけでも何日も掛かりますし、引越し当日は朝から晩まで搬送に追われることでしょう。多くの人が人生で何度か経験する引越し… それは正に試練の時でもあります。しかし、引っ越しが趣味で一年に何度も引っ越しをする人にとっては、引越しは何よりの楽しみです。誰もが大変だと思う引越し…その引越しが楽しいと思える人達は、どのように引越しをするのでしょうか。

究極論で考える引越し

文庫本を百冊持っている人は、百冊運ばなければいけません。しかし、五冊しか持っていない人は、片手で運び出すことができます。衣類も少ないほど楽ですし、所有する物の数が少なければ、整理に追われることはありません。引越しを簡単にやるコツは、物を減らすこと、そして整理を楽に行うこと、この二つに限ります。引越しする時は、使用頻度の低い不要物を捨ててしまい、整理しなければならないアイテム自体を無くしてしまえばいいのです。このような究極論で考えることができる人にとっての引越しは何の苦労も要りません。

家電の不用品の回収は、家電リサイクル法に該当する商品の場合は回収できないケースもあるので、そのような場合はリサイクル券を購入してから専門業者に依頼をお願いしましょう。