倉庫で働く時の注意点とは?楽しく働けるようにする方法


どんな倉庫なのか把握しよう

物流や倉庫といった求人に応募する際、どんな仕事内容なのか確認してからにしましょう。仕事のジャンルによって、同じ倉庫でも内容は異なるからです。最近とても多くなってきているのは通販会社からの求人です。通販会社では商品の在庫を自社の倉庫で管理しています。注文が入ったらその倉庫から商品を取り出し、お客様に発送するわけです。

このような倉庫での仕事となれば、当然、商品の品出しが主な業務となります。広い倉庫なら、そこから一つの商品を探すのは大変です。いくらコンピューター化しているとはいえ、設備が整っていない通販会社なら足を使って探すことになります。
一方、倉庫の仕事といっても、そこで組み立て流れ作業をするというところもあります。

仕事のルーティンを覚えよう

倉庫で仕事をするのなら、ルーティンワークとなることがほとんどです。まず、ルーティンを覚えましょう。通販会社の倉庫で商品の品出しをする業務なら、商品の位置を覚えるところから始まります。コンピューターを使って在庫管理や位置管理をしている場合には、コンピューター操作も覚えなくてはなりません。

一方、倉庫内で商品を組み立て流れ作業をする場合には、自分が担当する箇所の手順をしっかり覚えましょう。流れ作業は一人が止まってしまうとうまく流れていきません。タイミングを合わせてスムーズに流れるようになるには、作業に慣れることが何よりも大事です。

慣れればとても楽な仕事が多い

上記のとおり、倉庫での仕事はいろいろあります。どの仕事も慣れればルーティンになることが多いので、ある程度の期間を経れば楽になるはずです。また、倉庫内で働く人たちとの関係性も良好になるとチームワークも良くなり、仕事がスムーズにいくようになります。

3PLとはサードパーティー・ロジスティクスの略称です。荷物や資材の持ち主にかわり、物流全般の工程をプロデュースする、物流業界の新しい業務形態をさします。